« 仕事始め | トップページ | 住宅こそ一番の基本 »

2008年1月 8日 (火)

地域につながる!

Oota 「そういえば平山さん。裁判員制度ってどうにかならないか」と、地元の商店の方から相談があった。

曰く「こっちは女房と二人で商売をやってる。もし裁判員に選ばれて、1日どっちかが抜けたら、その日は商売できない」と。

もちろん法律では「とても重要な仕事があり、あなた自身が処理しなければ、著しい損害が生じると裁判所が認めた場合のみ、辞退が認められます。」とある。

具体的には、辞退の申立てがあった場合には、

(1) 裁判員として職務に従事する期間
(2) 事業所の規模
(3) 担当職務について代替性があるかどうか
(4) 予定される業務の日時変更の可能性があるかどうか
(5) 裁判員として参加することによる事業への影響が直接的であるか

等の要素を考慮して検討されるようです。

区民の方の大切なご意見。早速わが党の漆原良夫衆議院議員(国対委員長)に「地域のご意見です!」と伝えました。

「地域につながる」「生活につながる」が公明党のテーマ!

今日もこれから現場を回ってきます!

|

« 仕事始め | トップページ | 住宅こそ一番の基本 »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487365/9773584

この記事へのトラックバック一覧です: 地域につながる!:

« 仕事始め | トップページ | 住宅こそ一番の基本 »