« 2010年9月 | トップページ | 2011年4月 »

2010年11月の3件の記事

2010年11月22日 (月)

朝の風景

101122 昨日、長女が「ジョギングをしたい。パパ一緒にやろう!」と言いだしビックリ。何せまだ6歳、小学校入学前なので。

「朝6時に起きて、7時までだよ?大丈夫?」と確認しましたが、「大丈夫!パパ起こして!」と、娘はやる気満々。

今朝は、娘がちゃんと決意通り起きたので30分ほど家の近くをジョギング&ウォーキング。

気持ちのいい朝でした。娘に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

新しい野方駅の前で

101119 朝の区政報告を、新しくなった野方駅南口で行いました。

まだ、立ち位置に悩んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

平成23年度の予算要望を行いました。

101117_2 平成23年度の予算に対し、以下の通り予算要望を行いました。

国が失政を繰り返し、指導力を失う中、住民に最も近い地方自治体の責任と役割は重大です。区民の生命と生活を断じて守る決意で、区長に要望項目の実現を強く求めました。

中野区長 田中大輔 殿 

                                                                     平成22年11月17日

                                                                      公 明 党 議 員 団
                                                                     幹事長 飯島 謹一
                                                                                平山 英明
                                                                               小林 秀明
                                                                                江口済三郎
                                                                                岡本 勇夫
                                                                                梁川 妙子
                                                                                久保 里香
                                                                                南  勝彦
                                                                                白井 秀史

平成23年度 公明党議員団予算要望書

我が国の経済状況は、長引くデフレと株価低迷、そして急激な円高による三重苦に見舞われ予断を許さぬ状況にある。我が中野区においても22年度は大幅な税収減少となり、明年の歳入においても減収が想定される正念場にある。
この危機的状況の中、区は今後の財政運営計画を見据え、予算編成前に「目標体系の見直し」に取り組むこととした。
景気低迷の今だからこそ、何としても区民の生活を守るとの立場から、事業の「選択と集中」が必要であり、冷え込んだ区内産業や区民生活の支援こそが喫緊の課題である。また急激に進む超高齢社会への対応、区立小・中学校での教育の充実等、将来展望を指し示す施策の実施が不可欠である。
我々公明党議員団は、平成23年度予算に対して、高齢者に安全と安心を、子どもたちに教育の充実を、区民に健康と健全な生活を、区内産業に振興をとの施策を柱とした重点要望10項目を含む以下の要望項目の実現を強く求める。

重点要望 10項目

1.緊急通報システム事業の対象者拡大
2.高齢者(75歳以上)へのインフルエンザワクチン予防接種の助成拡充
3.区有施設等を活用したケア付き高齢者専用賃貸住宅の誘致開設
4.子どもの学力向上のための全小・中学校での土曜授業と補修の実施(月2回)
5.待機児ゼロ対策の推進(区有施設等の積極的活用、家庭福祉員の要件緩和による増員、
   認可・認証等保育園の誘致推進)
6.病院を利用した固定式による新たな休日診療事業の実施
7.「(仮称)中野区健康クーポン」の配布(肺がん、胃がん、大腸がん検診の無料クーポン)
8.中野駅周辺をはじめ拠点まちづくり地域への公衆無線LANの整備
9.ごみの戸別収集拡充のための小型収集車の増車(5台追加)
10.区内事業者優先の入札制度改革 (制度改革)

<生命・健康>
11.子宮頸がんワクチン接種費用の助成
12.総合的がん対策推進のため、がん対策総合推進計画を策定
13.75歳以上の高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成
14.小児へのインフルエンザワクチン予防接種の助成
15.小児肺炎球菌ワクチン予防接種の助成
16.各種健診事業に「うつ」の問診事項を設け、「うつ」対策を推進
17.使用済み注射針回収費用の増額
18.DOTS事業予算の増額
19.狂犬病予防接種の普及促進(普及啓発予算の確保)

<高齢者・障がい者>
20.理美容券のさらなる普及促進
21.友愛クラブ創立50周年記念事業費の助成
22.区営住宅のバリアフリー化及び都営住宅と連携した住み替え支援
23.成年後見制度の推進(市民後見人の養成)
24.救急医療情報キットの配布
25.中野福祉作業所自主生産品直売所(十五や)の建て替え、または区有施設の活用
26.区立福祉作業所の施設やサービス等の充実(更衣室のプライバシー確保や同性介助体制の拡充)
27.障がい者の就労機会の拡充を促すため、区と事業者との契約条件において障がい者の実情
   に応じた就労契約の弾力化の推進
28.福祉会館送迎バスの運行時間の見直し、及びオンデマンド交通の研究推進と活用

<教育・文化>
29.Web図書館サービス開始を視野に入れた図書館システムの更新
30.区立幼稚園2園の冷房化
31.区立小中学生によるヒロシマ・ナガサキへの平和旅実施
32.学校施設のバリアフリー化の推進
33.特別支援学級の増設
34.特別支援学級への教員、介助員等の人的配置の増員
35.ホタル事業の拡充
36.「楽しい園児の集い」補助金拡充
37.図書館へのICダグ導入

<子育て支援>
38.キッズプラザでの乳幼児親子利用の実施と拡大
39.私立幼稚園保護者補助金増額の継続
40.私立幼稚園預かり保育補助金の増額
41.保育園における障がい児の入所判定時期の見直しと、加配職員常勤化のための支援
42.私立幼稚園就園奨励費補助金の継続(第4階層の保護者)
43.私立保育園の施設老朽化に伴う耐震改修及び建て替え支援
44.5歳児健診の実施

<安全・安心なまちづくり>
45.電線の地中化促進
46.妙正寺川水害対策遊水地蓋掛け広場整備設計費
47.バリアフリー整備特定事業の実施
48.飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費の補助

<区内産業振興>
49.区発注事業における最低制限価格の1割引き上げ(※制度改革)
50.商店街に太陽光と風力発電によるLED街路灯の設置
51.ポイントカード事業に連動する商店街振興のための基金創設
52.商店街、区内事業者の活用し易い支援制度の再設計と普及促進

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年4月 »