« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の2件の記事

2011年6月30日 (木)

巨人の「肩」に乗れ!

2tei_22期目最初の定例会中です。

質問の準備、議会運営の対応、委員会の準備等で、気がつくと、もう6月30日。
そろそろブログの更新をしておきます。

6月23日、一般質問に立ちました。

タイトルの「巨人の「肩」に乗れ!」とは、勇退した先輩議員から渡された本のタイトル。今回の質問は巨人の肩に乗ってみました。

質問内容は以下の通り。

1.東日本大震災に学ぶ区の震災対策のあり方について
 (1)インフラが欠けても動くまちについて
 (2)特定緊急輸送道路の指定と沿道の耐震化について
 (3)帰宅困難者対策と掲示板及びサイン案内板について
 (4)新たなツールを活用した防災情報の提供について   

2.火災危険度に見る区の防災対策について
 (1)木造住宅密集地域の整備促進について
 (2)中学生による地域防災のあり方について
 
3.夏の電力不足対策について
 (1)ハイブリッド型LED街 路灯について
 (2)中野区エコポイントについて
 (3)子どもたちのための熱中症対策について
 
4.連携教育の推進と学力・体力向上について
 (1)「活字離れ」対策について
 (2)幼・保・小連携による体力向上策について
 (3)学校での歯磨きの実施について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

区立小・中学校、幼稚園・保育園等における放射線量の測定について

110601 東日本大震災後、公明党議員団として4度目の要望を区長に行いました。

内容は以下の通り。

要 望 書

平成23年6月1日

中野区長 田中大輔 殿

中野区議会公明党議員団
幹事長 やながわ 妙子
          平 山 英 明
          久 保 り か
          小 林 秀 明
          南  かつひこ
          白 井 ひでふみ
          小 林 ぜんいち
          甲 田  ゆり子
          木 村  広 一

区立小・中学校、幼稚園・保育園等における放射線量の測定について

 福島第一原子力発電所事故に対する政府及び、東京電力株式会社の対応に対し、多くの国民が不安を抱くなか、区内においても放射線による健康被害、特に子ども達への影響について、不安の声が寄せられています。

 区は、都内の放射線量について「東京都健康安全研究センター」が提供する放射線測定結果をホームページにて紹介していますが、区内の正確な情報提供を求める声が強くあります。学校現場では、これから特にプールの授業が始まります。例年より早い梅雨入りの影響もあり、屋外プールの授業に不安を抱く保護者の方々が数多くいます。

 区民の生命と健康を守り、安全と安心を確保するために、公明党議員団として区立学校等における放射線量の定期測定の実施と、その数値に基づく対応策の策定及び、正確な情報提供の実施を強く求めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »