カテゴリー「議会質問」の記事

2011年10月 6日 (木)

第3回定例会での質疑

Img_3023平成23年決算特別委員会で総括質疑を行いました。

質問通告は

1.平成22年度歳入歳出決算について
2.新型インフルエンザ対策について
3.第5期中野区介護保険事業計画の策定について
4.消費電力削減のための区の取り組みについて
5.区立小・中学校での体験学習について

だったのですが、1の平成22年度歳入歳出決算についての質問で、どうしても取り上げなければならない内容について詳しく行ったため、2、3については時間の都合上、今回は質疑を行いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

区立小・中学校、幼稚園・保育園等における放射線量の測定について

110601 東日本大震災後、公明党議員団として4度目の要望を区長に行いました。

内容は以下の通り。

要 望 書

平成23年6月1日

中野区長 田中大輔 殿

中野区議会公明党議員団
幹事長 やながわ 妙子
          平 山 英 明
          久 保 り か
          小 林 秀 明
          南  かつひこ
          白 井 ひでふみ
          小 林 ぜんいち
          甲 田  ゆり子
          木 村  広 一

区立小・中学校、幼稚園・保育園等における放射線量の測定について

 福島第一原子力発電所事故に対する政府及び、東京電力株式会社の対応に対し、多くの国民が不安を抱くなか、区内においても放射線による健康被害、特に子ども達への影響について、不安の声が寄せられています。

 区は、都内の放射線量について「東京都健康安全研究センター」が提供する放射線測定結果をホームページにて紹介していますが、区内の正確な情報提供を求める声が強くあります。学校現場では、これから特にプールの授業が始まります。例年より早い梅雨入りの影響もあり、屋外プールの授業に不安を抱く保護者の方々が数多くいます。

 区民の生命と健康を守り、安全と安心を確保するために、公明党議員団として区立学校等における放射線量の定期測定の実施と、その数値に基づく対応策の策定及び、正確な情報提供の実施を強く求めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

一般質問に立ちました

Img_1054 平成22年第3回定例会が開会中です。

昨日、一般質問に立ちました。

今回は、

1.高齢者が安心して住み続けられる区内の住宅整備について

(1)UR野方団地の建て替えについて
(2)区営住宅のバリアフリー化について

2.野方駅舎整備と商店街振興について

(1)環境にやさしい駅舎整備について
(2)駅舎整備にあわせた商店街振興について

3.中野区教育ビジョンの改定について

(1)中野区教育ビジョン(第2次)推進実施計画の策定について
(2)確かな学力の定着について
(3)「新・公立義務教育諸学校教職員定数改善計画(案)」について

4.熱中症対策について

5.私立幼稚園の耐震改修について

の項目を質問しました。

詳しくは、ニュース等でお伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

断腸の思いで!

100311_2 本日、中野区平成22年度予算が可決成立いたしました。

また、併せて同時補正となった第一次補正予算も可決。内容は「子ども手当て」に関する補正予算です。

賛成:公明、共産、民主、他無所属

反対:自民

採決にあたり、中野区議会公明党議員団として主張をしておく必要があり、南議員が賛成討論を行いました。

賛成討論とは言え、内容は

・民主党は国会においてこれまで児童手当の拡充を「バラマキ」と称して反対し続けてきたこと。
・財源について全額国が負担と言っていたことを反故にし、初年度、地方負担等を加えることを一方的に決めたこと。
・(まだ成立していないが)単年度法であり、来年度以降の制度の設計、財源等について不明確なままであること。
・そもそも本来の子育て支援とは、現物支給だけではないこと。

等、厳しく断じた上で

法案成立は事実上決まっているようなものなので、中野区の子どもたちだけが支給されない事態を招いてはいけないと「断腸の思いで賛成する」

というもの。我々は我々の態度を示しました。

国は国でいろいろあるようですが‥

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

「無責任」という言葉に尽きる!

100310

本日、予算特別委員会最終日。全体会で、中野区平成22年度各会計予算及び補正予算の前に、共産党提出の「組み替え動議」なるものを審議。採決に先立って、僕と我が会派の久保議員が質問を行いましたが、提案代表者である共産党議員の、不誠実で無責任な答弁に、ただただ唖然としました。

初めに、組み替え動議の内容では一般会計の歳入歳出予算総額はいくらになるのか?と、基本中の基本の尋ねても「10億円余の減額となります」との答え。総額がいくらか聞いているのに、計算すらしていない様子。当たり前ですが、僕だって計算していました。

次に、「警察大学校等跡地都市計画道路新設」(写真)について、全額減額となっていることについて、①この事業は平成21~23年度までの3ヵ年の事業で、既に議会で債務負担行為を認める議決を行ったこと。②今定例会で、請負契約についても認める議決を行ったこと。③既に契約は締結しており、請負先は区内事業者によるJVであること。を明らかにし、

・組み替え動議の通り予算を全額減額すると、契約不履行となり、区に賠償金を請求される。
・不況の中、区内事業者に大きな打撃を与える。
・区がこうした対応を取れば、信頼を失い、今後区発注の事業を受けてくれる業者がなくなり、区民生活に多大な影響を及ぼす。

また、組み替え動議のあり方の面から

・動議の中で予算だけ減額して、債務負担行為について何も触れていないのはおかしい。(地方自治法で定める「予算」とは債務負担行為も含む)
・当該予算の減額に伴い、損害賠償額も当然予算に入れておくべきところを、入れていない。明らかにおかしい。
地方自治法第210条 総計予算主義)

等、提案代表者である共産党議員に質問しましたが、

「それは双方の関係者で良く話し合ってもらって‥」

などと、答えにもなっていない、全く無責任な答弁ばかり。

しょうがないので「そんな内容では、審議にも値しないものですね」「もうお答えは結構です」と申し上げ、質問を終わりました。

さらに、次の久保議員の質問では、削減せよと言っている事業の内容を知らなかった(勘違いしていた)ことが明らかになり、これもお話にならない。民主党の事業仕分けよりお粗末。

いくらパフォーマンスとは言え、無責任にも程がある!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

「平成22年第1回定例会」で一般質問を行いました。

100219

2月17日より平成22年中野区議会第1回定例会がはじまり、区長の施政方針説明を受け、本日19日より一般質問が開始されました。

今回、公明党議員団のトップバッターとして質問に立ち、以下の項目で一般質問を行いました。

1.区長の施政方針について
2.「核のない世界」に向けた区の平和事業について
3.学校再編と学校教育の諸課題について
4.行政窓口での電子マネーの活用について
5.野方駅北口の駐輪対策について

中野区も大幅な税収減となる平成22年度の予算議会。3月23日まで真剣勝負が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

3度目の総括質疑です。

Photo 決算特別委員会で、総括質疑に立ちました。

今回の質問は以下の通り。

1.平成20年度予算執行上の問題について
(1)流用について
(2)不用額について
2.新型インフルエンザ対策について
3.入札制度の改善について
4.学校教育現場の問題とこれらの中野の教育について
(1)区立小・中学校での環境衛生検査について
(2)連携教育について
5.区内薬局との協力体制について
(1)DOTS事業について
(2)休日当番薬局の体制について
6.その他 (地域防犯カメラの整備について)

1項目目は、今後ますます厳しくなる区の財政の中で、予算の組み方、使い方等について、問題点を指摘し、今後の改善を求めました。

2項目目の新型インフルエンザ対策については、東京が注意報レベルに達したことにより、区が行う感染拡大防止策について求めました。

3度目の総括質疑ですが、まだまだ緊張しっぱなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書

Ca3c0029

本日の本会議で「地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書」を可決しました。これは同日可決した区としての緊急経済・雇用対策のための補正予算の財源に係るものですが、賛否は以下の通り。

賛成:自民、公明、民主クラブ、無所属(3名)

反対:共産、無所属(3名)

補正には賛成し、その財源を担保するための意見書には反対との共産党や無所属の方々の意図がわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

予算議決

090311 本日、中野区の平成21年度予算を議決。また、補正予算として、定額給付金の予算についても議決。

共産はまたも賛成。

民主は今度は賛成。

政党としての一貫性の無さにあきれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

予算の総括質疑に立ちました

Soukatu 平成20年第1回定例会、予算特別委員会で総括質疑を行いました。

今回の質問項目は

1.施政方針説明と平成21年度予算について
(1)特別区交付金、財産費について
(2)にぎわい創出について
(3)(仮称)区民活動センターについて
2.学校教育の諸課題について
(1)外国語教育について
(2)体力向上について
(3)学力向上について
3.安全・安心のまちづくりについて
(1)耐震改修促進計画について
(2)防災士の活用について
4.区内の公園整備について
(1)公園遊具の安全について
(2)公園施設長寿命化計画策定について
5.定額給付金のDVなどの方への給付について

でした。

全力で頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)